伊万里市山代町の松浦鉄道(MR)浦ノ崎駅で31日、「桜の駅まつり」が開かれる。沿線に並ぶ約80本の桜が見頃を迎え、多彩なイベントが楽しめる。

 桜の世話とまちづくりに取り組む住民グループが毎年開いている。当日は駅前広場に露店が並び、特設ステージでは歌や踊りが披露される。医師による健康教室もある。

 浦ノ崎駅は満開になると、ホームに「桜のトンネル」ができることで有名。現在は3~4分咲きで、祭りの日にちょうど満開を迎えそうだ。問い合わせは実行委員長の井手さん、電話0955(28)0928。

このエントリーをはてなブックマークに追加