佐賀県の長距離界を引っ張るランナーが平成最後の大会で持てる力を発揮した。マラソン男子は、戸上電機製作所のエース溝田槙悟が2時間20分7秒でうれしい初優勝。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加