江戸時代。色鮮やかな陶磁器がはるかヨーロッパへ向けて船出した伊万里川。ほぼ200メートルの等間隔で架かる「相生橋」「延命橋」「幸橋」は、三つそろって縁起橋と呼ばれています。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加