迫力ある演奏を披露した赤熊太鼓のメンバー=吉野ヶ里町の三田川児童館

 吉野ヶ里町の三田川児童館を舞台に23日、毎年恒例のライブが開かれた。児童館を利用する子どもたちが多数出演し、さまざまなジャンルのステージでにぎわった。

 町内外で活躍する「赤熊太鼓」やキッズダンス教室の生徒、三田川中の吹奏楽部が迫力のステージを披露。三田川小の1、2年生もチームで登場し、2年生の男児がお笑いステージを繰り広げるなど会場を沸かせた。ギターを習っている1年生児童は、サザンオールスターズの「真夏の果実」に合わせてソロでギターコードを弾いてみせた。

 民生・児童委員会や吉野ヶ里手話の会は童謡を歌い、同館の直鳥信明館長率いるフォークバンドはオリジナル曲を演奏した。

 同児童館は町営で、幼い親子や三田川小児童らが利用している。ライブは、同館を知ってもらい、子どもと地域住民をつなげようと開催している。直鳥館長は「子どもたちのステージが多く盛り上がった」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加