来場を呼び掛ける「佐賀若手劇団さわげ」のメンバー=佐賀市成章町の勧興公民館

 佐賀若手劇団さわげ(鷹巣将弥代表)が30、31日の両日13時半と18時から、佐賀市白山のエスプラッツホールで新作「都市伝説の街にて」を上演する。芝居やダンス、映像が交錯する「さわげスタイル」で楽しませる。

 物語の舞台はツイッターで「バズった(特に話題になった)」都市伝説が現実になる架空都市。主人公のツイートが真実になり、事件が巻き起こる。脚本と演出を担当する高尾大樹さん(25)は「5年間温めてきた、これまでで一番の自信作」と胸を張る。

 2014年の劇団立ち上げから数えて、5回目の本公演。鷹巣代表(23)は「初めはがむしゃらだったが、最近は冷静に改善点を分析できるようになってきた」と振り返りながら「アクションやダンスを取り入れエンタメ性を高め、独自のスタイルで楽しませたい」と意気込む。

 入場料は2500円、22歳以下は1500円(当日各500円増)。問い合わせは片渕さん、電話080(5272)6836へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加