宮城県東松島市の「柳の目西地区」に完成した災害公営住宅=24日午前

 「柳の目西地区」災害公営住宅の完成式典で、鍵のレプリカを受け取る入居者代表の渋谷真由美さん(中央)=24日午前、宮城県東松島市

 東日本大震災で被災した宮城県東松島市で「柳の目西地区」の災害公営住宅100戸が完成し、入居者に鍵を引き渡す式典が24日、行われた。これにより、宮城県内で計画された1万5823戸全ての整備が完了した。

 柳の目西地区の住宅は全て木造一戸建てで、コミュニティー形成促進のため、全戸に家庭菜園を設置しているのが特徴。

 地区の集会所で開かれた式典で、入居者代表の主婦渋谷真由美さん(59)は「新しい生活を皆さまと築きたい」とあいさつ。新居に入り家庭菜園を眺めながら「長い間待ち続けてやっと念願のわが家。まずシソを植えようかな」と声を弾ませた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加