卒園式の記念撮影では、保護者が子どもの似顔絵を手に並んだ=佐賀市の日新こども園

愛らしい表情を捉えた似顔絵を手にする園児=佐賀市の日新こども園

 佐賀市の日新公民館で開かれる似顔絵教室で学んでいる5人が、地元の日新こども園(中島富貴子園長)の卒園生27人に似顔絵を贈った。目や鼻、輪郭などの特徴を的確に捉えた作品に、保護者は満面の笑みを浮かべた。

 似顔絵を手掛けたのは、白石町の中村秀子さんら5人。県警の似顔絵捜査官アドバイザーを務めている元美術教師の宗俊朗さん(79)=佐賀市=から学んだ技法を生かし、園児の写真を見ながら昨年10月から12月にかけて制作した。1人が園児5、6人を担当し、月1回の教室だけでなく自宅に持ち帰って完成させた。

 16日に開かれた卒園式では、中島園長が卒園証書とともに似顔絵を園児1人ずつに手渡した。庄野賢二さん(49)は三男の竜矢ちゃん(6)の愛らしい表情を描いた色紙に「全体的によく似ている」と顔をほころばせた。

 式に来賓として出席した似顔絵を描いた4人は「地域貢献のために取り組んで本当に良かった」と満足げな様子だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加