「カルデロンに帰って来るための理由なんてなかった。家を出て行った息子が7年ぶりに戻ってきたようなもの。そこに家族たちがいて、『オラ』と声をかけてくれた。そのように僕は感じた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加