医療支援を待つ、サイクロンで被災した母子ら=23日、モザンビーク中部ベイラ近郊(ロイター=共同)

 【アディスアベバ共同】国連児童基金(ユニセフ)は23日、サイクロンが直撃したアフリカ南部モザンビークで子ども100万人が被災したと発表した。港湾都市ベイラを視察したフォア事務局長は「状況は悪化している」と述べ、国際社会の早急な支援を呼び掛けた。

 現地では道路が寸断され、救助や支援物資の搬送に必要なヘリコプターなどの機材も不足している。フォア氏は「複数の村が水没したり、建物が倒壊したりしたほか、学校や医療施設も破壊された」と指摘。だが、各援助機関は被災の全体状況を十分把握できていないという。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加