履正社戦に先発した星稜・奥川=甲子園

 春日部共栄戦に先発した高松商・香川=甲子園

 呉―市和歌山 11回裏市和歌山2死二塁、片上が中前にサヨナラ打を放つ。投手沼田仁、捕手秋山=甲子園

 第91回選抜高校野球大会は23日、甲子園球場で開幕した。平成最後の甲子園大会には32校が出場。開会式に続いて、1回戦3試合が行われ、星稜(石川)高松商(香川)市和歌山が勝って、2回戦に進んだ。

 星稜は今大会屈指の好投手、奥川が毎回の17奪三振。3安打完封し、履正社(大阪)を3―0で下した。

 高松商は香川が13三振を奪って4安打完封し、春日部共栄(埼玉)に8―0で快勝。市和歌山は呉(広島)に延長十一回、3―2でサヨナラ勝ち。片上が中前にサヨナラ打を放った。和歌山県勢は選抜大会通算100勝目。

このエントリーをはてなブックマークに追加