今回は婦人科に関連する痛みについて考えてみたいと思います。

 まずは生理痛です。生理痛は下腹痛、腰痛、頭痛などがあり、筋腫や子宮内膜症など病気が原因の器質性の月経痛と、特に原因となる病気はなく子宮の収縮が強いなどによって引き起こされる機能性の月経痛があります。痛みが強い時は我慢しないで早めに受診しましょう。

排卵痛は排卵の時期におこる下腹痛です。毎月ある人もありますし、全く無い人もあります。全く無かった人がたまにあるとびっくりして受診されることがあります。動けないくらい強い痛みのこともありますし、少し違和感がある程度で済むこともあります。排卵出血を伴うこともあります。

排卵が終わって生理の前におなかが痛くなる方は、排卵後の黄体が腫れた痛みや、生理準備中の子宮の収縮の痛みを感じていることがあります。

 子宮筋腫や子宮内膜症の痛みは主に月経痛ですが、排便痛や性交時痛など子宮卵巣の近くの臓器と関係した痛みもあります。婦人科の痛みではないかと受診されて、便秘や膀胱炎、虫垂炎、結石などのこともあります。

 クラミジアなど性行為感染症による痛みや、その他の感染症による痛みがあり、発熱や帯下を伴うことがあります。外陰部ヘルペスも発熱や激しい痛みがありす。

 卵巣が腫れてくるくるねじてしまう卵巣腫瘍の茎捻転(けいねんてん)は、激しい痛みが急に起こることがあり、緊急手術になることもあります。

 妊娠による痛みもあります。正常妊娠であっても下腹部の重い感じやチクチクする感じ、突っ張った感じがする痛みなどあります。

異所性妊娠も痛みで受診されることのある危険な病気です。

 痛みはなかなか人に分かってもらいにくい、つらい症状です。その時になにか悪いところがあるのではないかと思うと、さらに不安になります。定期的に婦人科で検診や診察を受けることで、そのような不安に悩まされる事のないようにしていただきたいと思います。(すこやか女性クリニック院長 西岡智子)

このエントリーをはてなブックマークに追加