日本高野連は22日、投手の球数制限について検討する「投手の障害予防に関する有識者会議」の委員に、プロ野球ロッテや米大リーグなどでプレーした早稲田大野球部監督の小宮山悟氏、佐賀北高野球部前監督の百﨑敏克氏ら13人を選出したと発表した。4月26日に東京都内で第1回の会議を開き、11月初旬までに計4度開催。日本高野連の理事会への提言をまとめる予定としている。

 委員には、日本ソフトボール協会の宇津木妙子副会長や神奈川・横浜高野球部前監督の渡辺元智氏のほかに、整形外科医、弁護士らが選ばれた。日本高野連の竹中雅彦事務局長は「公平な目で見ていただける方に依頼したつもり」と説明した。

 投手の障害予防を巡っては、昨年12月に新潟県高野連が、今春の新潟大会に限った投手の球数制限導入を表明したことで議論が活発化。日本高野連側の再考要請を受け入れ実施は見送りとなったが、現状に一石を投じたとして、新潟県高野連の富樫信浩会長も委員に選任された。【共同】

■投手の障害予防に関する有識者会議メンバー

宇津木 妙子(日本ソフトボール協会副会長)

岡村 英祐 (弁護士)

川村 卓  (筑波大野球部監督)

小宮山 悟 (早大野球部監督)

田名部 和裕(日本高野連理事)

土屋 好史 (日本中体連軟式野球専門委員長)

富樫 信浩 (新潟県高野連会長)

中島 隆信 (慶大教授)

正富 隆  (日本高野連医科学委員会委員)

百﨑 敏克 (佐賀北高野球部前監督)

山崎 正明 (高知県高野連理事長)

渡辺 幹彦 (全日本野球協会医科学部会部会長)

渡辺 元智 (横浜高野球部前監督)

このエントリーをはてなブックマークに追加