まが玉作りを楽しむ来場者=吉野ケ里歴史公園「弥生くらし館」

 吉野ケ里歴史公園の春休み限定イベントが21日、始まった。初日から多くの家族連れでにぎわい、まが玉作り、化石割り体験、ミサンガ作りなどを楽しんでいる。4月7日まで。

 弥生くらし館では、まが玉作りが行われた。子どもたちは石を削ってまが玉の形に仕上げ、耐水ペーパーで磨いた。福岡市の松藤陽依(ひより)さん(12)と黒田美海さん(12)は「まが玉の形に石を削るのが難しかった。耐水ペーパーで石がつるつるになったのが面白かった」と話した。

 古代植物館ではハート型の編み目が現れるミサンガ作りや、石を割って化石を掘り当てる「化石割り体験」も開かれている。問い合わせは吉野ケ里公園管理センター、電話0952(55)9333。

このエントリーをはてなブックマークに追加