長崎県大村市の福重郷土史同好会(上野盛夫会長)が、大村の謎に包まれた石仏31体を調べた冊子「福重の石仏」を発売した。佐賀県立博物館の竹下正博学芸員も寄稿し、鹿島市や唐津市の仏像を紹介している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加