武雄市出身の大橋凜太郎さん(21)と木須菜々美さん(同)が、金沢のギャラリーで短歌と絵画の2人展を開く。「故郷」をテーマに持ち寄った作品約30点で、見る者を遠いふるさとへいざなう。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加