休日明け22日午前の国債市場で、長期金利の指標となる新発10年債の利回りが一時マイナス0・060%と、取引時間中として2016年11月以来、約2年4カ月ぶりの低水準を付けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加