佐賀県内の干潟や河口域で造成が進められている「カキ礁」と有明海創生をテーマにしたシンポジウムが21日、佐賀市で開かれた。市民団体や専門家らが、カキ礁の復活に向けた課題や方策について議論した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加