トヨタ自動車が交通安全を呼び掛ける絵本と紙芝居

 トヨタ自動車は、春の全国交通安全運動(5月11~20日)に合わせて交通安全を呼び掛ける絵本と紙芝居を、佐賀県内を含む全国の幼稚園や保育所、認定こども園に贈る。

 幼児の飛び出し事故の防止を主な目標として掲げ、全国のトヨタ車両販売店と共同で行い、絵本約268万部、紙芝居約4万6000部をそれぞれ贈呈する。県内では、西九州トヨタ自動車、佐賀トヨペット、トヨタカローラ佐賀、ネッツトヨタ佐賀が取り組み、約300の幼稚園などに届ける。

 絵本『さくらがさいた』には、道路への急な飛び出しの危険性などが描かれ、紙芝居『あ~したてんきにな~ぁれ!』は雨の日の通行方法などが示されている。

 絵本の贈呈は1969年から毎年実施しており、今年で51回目。これまでに絵本約1億4675万部と約紙芝居約171万部を配布している。

このエントリーをはてなブックマークに追加