【テンピ(米アリゾナ州)共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手は21日、キャンプ地のアリゾナ州テンピで取材に応じ、イチロー外野手の現役引退を受け「まだそんなに信じられていない。本当に引退するのかなという感じ」と率直な思いを口にした。

 最後になった試合はハイライト映像を見たという。大谷選手はイチロー外野手がプロ野球オリックス時代にシーズン210安打を放った1994年に生まれた。投打の「二刀流」でメジャーに挑んだ昨季のキャンプでは適応に苦しみ、助言を求めた。「見るだけでも勉強になるが、教えていただいてすごく勉強になった」と感謝を口にした。

このエントリーをはてなブックマークに追加