鎌倉時代、臨済宗の開祖・栄西が宋から持ち帰った種をまいた吉野ケ里町が日本のお茶栽培の発祥地。江戸時代には佐賀市蓮池出身の売茶翁が京都で庶民に煎茶を広めるなど、県内はお茶との縁が深い。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加