最初に出来上がった不格好な東京五輪聖火トーチの試作品を手に取ったデザイナーの吉岡徳仁さんの印象は「すごく重い」。アルミニウムの厚さを2ミリまで圧縮したが、不十分だった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加