自らがデザインした東京五輪聖火リレーのトーチを披露する吉岡徳仁さん(左)と公式アンバサダーの野村忠宏さん=東京港区の虎ノ門ヒルズ

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は20日、五輪の聖火リレーで使うトーチに、佐賀市出身のデザイナー吉岡徳仁さん(52)のデザインを選んだと発表した。福島県の小学校で子どもたちと一緒に描いた桜の花から着想を得たほか、東日本大震災の被災地の仮設住宅で使われたアルミ廃材を用いた。吉岡さんは「表面的な形や技術ではなく、被災地の心の復興と平和への願いを考えた」とデザインに込めた思いを明かした。

 吉岡さんは、成型や燃焼の仕組みづくりで高い技術を持つ企業を探してチームを編成し、リーダーを務めた。トーチは長さ71センチ、重さ1・2キロ。上から見ると5枚の花弁が集まった桜の花の形をしている。色は「桜ゴールド」と名付けた。

 吉岡さんは被災地を元気付けようと、2015年に福島県南相馬市を訪れ、小学2年生と桜のエンブレムを描いた。「子どもたちの力強い表現がヒントになった。被災地が立ち上がる姿を世界に見てもらいたいという思いでデザインした」と説明した。

 素材のアルミの約3割は被災3県の仮設住宅計824戸で使われていたもので、4トンを回収・再生した。

 聖火は来年3月12日にギリシャで採火され、被災3県での展示を経て同月26日に福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」から121日間のリレーをスタートする。1日当たり80~90人が参加する見通しで、トーチは1人1本ずつ1万本余りを用意する。

 広報活動に当たる公式アンバサダーは柔道男子で五輪3連覇の野村忠宏さんや元パラリンピック射撃代表の田口亜希さんらが務める。野村さんは東京都内での発表会で「このトーチを持ってランナーがみんな笑顔で走る、その姿を考えるだけでわくわくする」と語った。

 

 子どもたちの絵ヒント

 東京五輪聖火リレーのトーチをデザインした吉岡徳仁さんは東京都内で20日に開かれた発表会で、何度も「心の復興」という言葉を口にした。

 吉岡さんはトーチのデザインが正式に公募される前からデザインに取り組んでいた。「もう決まっているのかなとも思ったが、たとえ実現しなくてもやりたかった」。2015年に福島県の子どもたちと描いた100枚もの桜の絵を見て、「僕より子どもたちがデザインする方が良かったけれど、この力強さで聖火リレーができればと思った」。

 展示空間を作品として見せるインスタレーションや建築など既存の枠組みにとどまらない作品を生み出している吉岡さん。五輪をイメージした5枚の花弁から上る炎はトーチ中央で渦を巻き、一つの炎になる。「トーチではなく、炎をデザインした」と説明した。

 自然と人間の関係性をキーワードに、プリズムなどを用いて感覚的な作品を生み出してきたが、今回のトーチは「分かりやすさ」にもこだわった。「子どもからお年寄りまで喜んでもらえるものを作りたかった」と話し、報道陣から聖火リレーを通して何を伝えたいか尋ねられると、力強く答えた。「さまざまな災害があったけれど、そこでの思いやりや助け合いが日本の本当の美しさ。それをトーチにしたいと思った」

 吉岡さんは15年に改修された佐賀県立美術館の美術監修を務め、昨年11月から今年2月にかけて特別展「ガラスの茶室-光庵」も開いた。「(トーチのことは)県内の家族も今日の発表で初めて知ったはず。佐賀県のみんなに見てもらえればいいなと思う」とメッセージを送った。

このエントリーをはてなブックマークに追加