【巡回車】

 (22日)

 ◆胃がん・乳がん・大腸がん・肺がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)

 ◆献血車 9時半~16時=武雄市役所

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

【感染症】

 (11~17日)

 報告数の多い疾病は(1)感染性胃腸炎=155件(2)インフルエンザ=140件(3)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎=44件(4)RSウイルス感染症、咽頭結膜熱=各19件(5)突発性発しん=15件

 (数字は県内の指定届け出機関の患者数=県感染症情報センター調べ)

【告知板】

 ◆第19回おはなしを楽しむ会

 (21日13~15時、神埼市千代田町の下村湖人生家)昔話、詩の朗読、落語、創作の話などを、絵本や紙芝居、絵巻などを使って語り、互いに聞き合う。読み手・語り手は子どももいる。佐賀県親と子の読書会協議会が主催。生家についての解説もある。

 ◆自死遺族支援わかち合い「ハートの海」

 (23日13時半~15時半、佐賀市天神のアバンセ)自ら命を絶った人々の遺族らが安心して語り合うことを通して、悲しみを分かち合い共に支え合う場。佐賀いのちの電話が毎月第4土曜日に開催。参加無料。事務局、電話0952(34)4186=平日10~17時。

 また佐賀いのちの電話は24時間365日、悩み・苦しみについての相談を受け付けている。相談は電話0952(34)4343。

【イベント】

 ◆唐津城春休みイベント「日本伝統芸能猿まわし」

 (23~31日10~16時、唐津市東城内の唐津城天守閣前広場)「あきらめない気持ちが大切」をテーマにしたパフォーマンスがある。

 ◆呼子朝市ふれあいフェスタ

 (24日8~12時、唐津市呼子町の呼子朝市通り)唐津Qサバの試食会や限定300食の朝市みそ汁のふるまい、購入した商品をその場で食べることができる朝市バーベキューなどがある。同実行委員会、電話0955(82)0678。

 ◆山内日本舞踊子ども教室 舞踊会

 (24日13時~、武雄市山内町の山内農村環境改善センター)「山内日本舞踊子ども教室」の10周年を記念し、教室の児童16人やOBがあでやかな舞踊を披露する。舞踊会は初開催。入場無料。同教室、電話0954(45)4163。

 ◆ななのゆのんびり桜ウオーク

 (30日、唐津市七山滝川の鳴神温泉ななのゆ周辺)七山桜街道5キロのコースを花見をしながら歩き、ゴール後は温泉を楽しむ。大人1000円、小学生以下500円(当日と次回の入浴券、ヨモギまんじゅう、七山茶、フルーツ付き)。9時半受け付け、10時スタート、12時ゴール。28日締め切り、申し込みは電話0955(70)7070。

 ◆シャクナゲ祭り・青葉まつり

 (4月1日~5月5日、武雄市北方町の高野寺)4月15日ごろまで、約1000坪の敷地に1000本以上のシャクナゲが花を咲かせる。以降は青もみじの中に遅咲きの花が咲く様子も楽しめる。期間中は庭園から昇龍廊を上り本堂内陣の参拝もでき、希望者は写経(祈願奉納料1000円)も体験できる。シャクナゲの苗木販売も。拝観料は500円、小中高校生300円。同寺、電話0954(36)3616。

【LIVE】

 ◆唐津ミュージックフェスティバル

 (24日11~18時、唐津市新興町の市ふるさと会館アルピノ広場)唐津を中心に活動するバンド、個人10グループが出演。ゲストに唐津出身のシンガーソングライター保利太一。唐津バーガーやイカ天など地元グルメも出店。入場無料。

【展覧会】

 ◆第11回佐賀地区合同作品展

 (24日まで10~19時、佐賀市天神の佐賀市立図書館)日本習字佐賀地区の教室に通う生徒の作品約400点。半紙約250点、画仙紙約160点などに加え、大人の条幅や写経の作品もある。同地区支部長会主催。最終日は15時まで。

 ◆坊中窯 田中孝太展

 (23~31日11~17時、唐津市北波多の草伝社)唐津市相知町の坊中窯、田中孝太氏の2回目となる作陶展。食器、酒器、茶器、花器など約300点を展示する。同ギャラリー、電話0955(64)3540。

このエントリーをはてなブックマークに追加