有田町の有田工業高(津川久博校長)で20日、生徒が自作した尺取り虫型のロボットの速さを競う大会が開かれた。機械科の1年生約80人が、学んだ旋盤加工の技術などを生かした力作の走りを見守った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加