唐津の海、白砂青松「虹の松原」が“静”とすれば柱状節理の「七ツ釜」は“動”であろう。その昔、元寇と対峙たいじした表情の違う海岸線が壱岐・対馬を挟んで遠く大陸を望む。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加