【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は、連邦公開市場委員会(FOMC)終了後に公表した声明で、景気判断について「底堅く拡大」から「成長が鈍化」に下方修正した。

このエントリーをはてなブックマークに追加