フィギュアスケートの世界選手権は20日、さいたまスーパーアリーナで開幕し、女子ショートプログラム(SP)で坂本花織(シスメックス)が76・86点で2位、紀平梨花(関大KFSC)が70・90点で7位、宮原知子(関大)が70・60点で8位となった。アリーナ・ザギトワ(ロシア)が82・08点で首位に立った。

このエントリーをはてなブックマークに追加