能楽ワークショップへの参加を呼びかける緒方晴子さん

 伝統芸能「能楽(のうがく)」の世界を体験するワークショップ「みて、きいて、やってみる 能楽事始め」(佐賀新聞社後援)が23日午後1時半から、サンメッセ鳥栖で開かれる。

 今回は源頼光がクモを退治する作品「土蜘(つちぐも)」で、クモの糸を投げつける演出で人気が高い。講師は佐野登さん(宝生流能楽師シテ方)と森田徳和さん(森田流能楽師笛方)。佐野さんが能について話し、能の歌「謡(うたい)」や動き「型」「仕舞(しまい)」、笛を体験する。最後に笛で舞う「高砂(たかさご)」を鑑賞する。

 鳥栖謡隊のメンバーも出演する。主催する鳥栖アートジャンクション代表の緒方晴子さんは「奥深い伝統芸能に楽しみながら触れてほしい」と来場を呼び掛ける。チケットは一般千円、中学生以下500円。市民文化会館で販売している。

このエントリーをはてなブックマークに追加