寺の境内にあった「佐賀の名木百選」の一つで、約10年前に枯れた巨大カヤの古木を使って、多久市西多久町の「正善寺」(角田隆宣住職=顔写真)が本尊像を建立した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加