暴力団組長の収監を巡り、虚偽診断書作成・同行使の罪に問われた京都市の民間病院の元担当医(63)に、京都地裁は19日、無罪判決を言い渡した。求刑は禁錮1年6月だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加