左から小木曽さん、鶴さん、仁戸田さん、米村さんの作品

 鹿児島県出水市の「鶴の来る町ミュージアム」で21日午後2時から、佐賀大学芸術地域デザイン学部の小木曽誠准教授ら九州在住の洋画家4人がギャラリートークを行う。

 同ミュージアムは今年1月にオープンした私設美術館。絵画コレクター堂前栄二さんが、写実画中心のコレクションを並べる。

 ギャラリートークを行うのは小木曽さんと、佐賀大を卒業し、若手作家として活躍する米村太一さん(佐賀大特任助教)、仁戸田典子さん(大分市)、鶴友那さん(佐賀市)の4人。展示されるコレクションに4人の作品が収蔵されていることから開催する。

 同ミュージアムの入場料は一般1300円、中高生800円、シニア800円、小学生以下は無料。問い合わせは同ミュージアム、電話0996(79)3977。

このエントリーをはてなブックマークに追加