佐賀県唐津市の市有林の管理・運営や天然水の製造・販売をしている第三セクター「キコリななやま」(唐津市七山)が2017年度決算で債務超過に陥っていたことが18日、分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加