第2代藩主鍋島光茂(みつしげ)の御側役(おそばやく)として親身(しんみ)になって奉公していた山本常朝(やまもとじょうちょう)は、20歳を過ぎたばかりのある日、突然、御役御免(おやくごめん)となった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加