高校生平和大使への応募を呼び掛けた現平和大使の北村菜々さん=佐賀県庁

 核兵器廃絶や世界平和を訴える「高校生平和大使」の佐賀県派遣委員会が第22代大使を募集している。署名活動などに取り組み、8月にスイス・ジュネーブの国連欧州本部を訪問する予定で、第21代大使の北村菜々さん(17)=致遠館高2年=が18日、県庁での会見で応募を呼び掛けた。

 平和大使は長崎で1998年に活動が始まり、昨年は15都道府県から22人が選ばれた。佐賀県枠は1人で、2012年に設けられて今回で8代目となる。

 北村さんは昨年、長崎や広島など他県の大使らと約10万7千人の署名を国連に届けた。「国連訪問は自分を大きく変えるきっかけになった。勇気を出して応募してほしい」と話した。

 選考会は4月28日に佐賀市の県教育会館で実施される。平和に関する自己アピールや小論文、面接がある。希望する学生は氏名や学校名、学年、住所、電話番号を明記し、郵送で申し込む。4月25日必着で、問い合わせは県派遣委員会、電話0952(32)2211。

このエントリーをはてなブックマークに追加