JOCの竹田恒和会長

 2020年東京五輪招致疑惑の渦中にある日本オリンピック委員会(JOC)は19日、東京都内で理事会を開く。フランス司法当局の捜査対象となっている竹田恒和会長(71)が、6月の任期満了で退任する意向を表明する見通しであることが18日、複数の関係者の話で分かった。

 イメージ悪化を憂慮する大会関係者からは即座の辞任が必要だとする意見も強いが、竹田氏は一貫して潔白を主張しており、疑惑を認めたと受け取られかねない辞任を避けたい考え。東京五輪開催を控え、退任時期と後任の人事が焦点となっている。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加