外部調査委による施工不良問題の中間報告を受け、記者会見するレオパレス21の蘆田茂執行役員(中央)ら=18日午後、東京都中野区

 レオパレス21本社=東京都中野区

 賃貸アパート大手レオパレス21は18日、外部調査委員会による施工不良問題の中間報告を発表した。壁に設計図と異なって建築基準法の基準を満たさない可能性がある部材を使った背景には、創業者深山祐助氏の社長時代の指示があったと指摘。問題は「組織的・構造的に存在していた」とし、工期短縮や施工の効率化を優先する会社の体質にも触れた。

 調査委は5月下旬をめどに、再発防止策や役員の責任を盛り込んだ最終報告書を出す。レオパレスはこれを踏まえ、経営陣の処分を決める。

 都内で記者会見した蘆田茂執行役員は、中間報告について「真摯に受け止め、調査や是正を最優先に進める」と述べた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加