県消防大会で表彰を受ける受章者=上峰町民センター

 第65回佐賀県消防大会が17日、上峰町民センターであった。消防職員や消防団員ら関係者約600人が出席。叙位、叙勲、消防庁長官表彰などの受章者が披露されたほか、長年の活動で功績があった人たちに県知事表彰などが贈られた。

 県内の消防関係者が一堂に集い、消防防災に功績があった個人・団体をたたえるとともに、防火防災意識の高揚を図ろうと開催。県知事表彰のほか、県消防協会定例表彰、県女性防火防災クラブ連絡協議会会長表彰も実施された。

 会では、副島良彦副知事が「いざという時の防災体制の確立にご協力を」とあいさつ。陣内成和県消防協会長が「住民の生命財産を守るため、いっそうの努力を約束する」と述べた。

 表彰では功労があった個人や団体の代表に、副島副知事や陣内会長が表彰状を授与。受章者を代表して唐津市消防団の楢崎甲子夫副団長が「今回の受章を励みに、いっそう任務に励み、地域防災に尽くす」と謝辞を述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加