政府は9日、神の使いに仮装した住民が家々を訪ね、無病息災などを願う8県の8行事を「来訪神 仮面・仮装の神々」の名称で一括し、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録申請することを決めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加