Begin申し込みの問い合わせに対応する事務局スタッフ=佐賀市の佐賀新聞社

 佐賀新聞社のメンバーズクラブ「Begin(びぎん)」新規会員の受け付けが16日、始まった。2019年度は著名な講師陣がそろい、午前9時半の受け付け開始とともに事務局には申し込みの電話が相次ぎ、一時電話がつながりにくくなった。窓口を訪れる入会希望者もおり、スタッフが対応に追われた。

 新年度の講師は第1回が「デヴィ夫人」でおなじみのデヴィ・スカルノさん(6月16日)、第2回が料理研究家のコウケンテツさん(10月20日)、第3回がジャーナリストのモーリー・ロバートソンさん(20年1月13日)の3人。いずれも佐賀市文化会館で開く。

 窓口に申し込みに訪れた事務職の50代女性(佐賀市)は「料理に興味があり、講師に引かれて入会した。教養を身につけるきっかけにもなると思う」と期待していた。

 会員は高校生以上が対象で、年会費は個人5千円、ペア9千円。定員は1800人(先着順)で、申し込み、問い合わせはBegin事務局、電話0952(28)2142。

このエントリーをはてなブックマークに追加