JAさがが多久市北多久町の耕作放棄地を活用して整備してきたミカンの根域制限栽培団地が11日、落成した。園地は組合員や新規就農希望者に貸し出すことにしており、すでに5人の入植が決まっている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加