全国大会での活躍を誓う(右2人目から)末次優花さん、江越奈津希さん、丸田ちひろさん、三島康生さん=佐賀市役所

 九州代表として「全日本アンサンブルコンテスト」に出場する佐賀市の昭栄中吹奏楽部の4人が14日、佐賀市の御厨安守副市長を表敬訪問した。3年連続の全国大会に向け、「お世話になった方たちに演奏で感謝を伝えたい。金賞を目指す」と誓った。

 2年の三島康生さん(14)と丸田ちひろさん(14)、3年の末次優花さん(15)と江越奈津希さん(15)が訪れた。4人はクラリネット4重奏で出場し、21日に北海道で開かれる全国大会に向けて練習を重ねている。

 リーダーの江越さんは一昨年が金賞で、昨年は銅賞だったことを振り返り、「先輩の功績を受け継ぎ、今年は金賞を取りたい」と話した。御厨副市長は「体調に気をつけて、全力を尽くしてほしい」と激励した。

 15日にはJR佐賀駅で吹奏楽部全体の演奏会を開き、「時代劇メドレー」「風になりたい」など5曲で利用客を楽しませた。4人も全国大会で演奏する「混色のマテリア」を披露し、本番に向けて弾みをつけた。

このエントリーをはてなブックマークに追加