3人一組で混ぜる子どもたち

 「マヨネーズは好きですか?」。今回は講師をキユーピーからお招きして、マヨネーズについて学びました。

 まず、マヨネーズの原料が植物油・卵・酢であることを教えていただきました。原料の卵は、黄身はマヨネーズ、白身はハムやかまぼこ、殻はチョーク、膜は洋服や化粧品に、すべて余すことなく使われているそうです。

 それから、3人一組でマヨネーズ作りの体験です。混ぜる人、油を入れる人、ボールを押さえる人、それぞれ交代しながら作業です。「しっかり早く混ぜるとおいしくなるよ」「空気を入れないように」と声が掛かり、子どもたちも必死に混ぜ、黄色だったボールの中がだんだんと白っぽく変わると「マヨネーズになってきた」と声が上がります。

 キュウリにつけての食べ比べでは、混ぜ具合により味が違うこと、工場製とも味や見ために違いがあることに気づき「おいしい、おいしい」と、あっという間に完食です。

 マヨネーズは料理やお菓子作りにも加えるとジューシーでふんわり裏技調味料にもなります。ご家庭でも子どもといっしょに作ってみてはいかがでしょうか?

 (神埼市地域学校協働活動推進員・福井直美)

このエントリーをはてなブックマークに追加