鳥栖市は14日、防災拠点にもなる新庁舎の基本設計を発表した。現在の建物は市の公共施設で唯一、耐震化されていないが、新庁舎は免震構造とし、震度7の地震にも耐えられるようにする。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加