メニューを開発した料理人たちと山口祥義知事(左)=大阪市

 関西圏に向けた県産食材や観光素材のPRイベント「佐賀さいこう!女子会」が13日、大阪市内で開かれ、関西在住の女性約80人が参加した。

 山口祥義知事は「普段気づかない佐賀の魅力を感じて」と呼び掛けた。関西の食の雑誌「あまから手帖」企画の今回は、関西を代表する女性料理人4名がコース料理を担当。ミシュラン二つ星の和食「一汁二菜うえの」の出島光料理長のほかイタリアンシェフ、パティシエ、バーテンダーらによるミニトークが行われた。参加者は金星佐賀豚を使ったパスタ、「いちごさん」のスイーツやカクテルなど県産食材を活かしたメニューに舌鼓を打った。

 嬉野温泉の宿泊券などが当たる抽選会もあり、参加者からは「呼子のイカ、佐賀牛以外にもおいしいものが豊富なことに驚いた。佐賀に女子旅してみたい」と声が上がった。

このエントリーをはてなブックマークに追加