暖かいハウスの中で淡いピンク色の花を咲かせ、見ごろを迎えた桃の木=佐賀市大和町の佐賀大和観光桃園

 佐賀市大和町の「佐賀大和観光桃園」で桃の花が見ごろを迎え、ハウス内を淡いピンク色に染めている。訪れた人たちは花のアーチの下で弁当を広げ、花見を楽しんでいる。24日まで。

 1500平方メートルの広さのハウスには約70本の桃の木が等間隔に植えられている。6メートルほどの高さに剪定(せんてい)され、間近で観賞できる。室温は25度前後に保たれ、現在は七分咲きになった。

 6月上旬からは実がなり始め、樹齢25年ほどの木からは約400~500個を収穫できるという。

 杵島郡江北町から友人と訪れた大坪計子さんは「ここで花見をするのが恒例行事。6月に収穫する実は毎年、友達に贈っていて、楽しみにしてくれている」と話し、甘い実がなる日を心待ちにしていた。

 入園料大人500円(高校生以下無料)で、桃の実の収穫はオーナー制になっている。問い合わせは電話090(3662)2511。

このエントリーをはてなブックマークに追加