佐賀大学の野方大輔氏ら准教授3人が、消費者と事業者を対象に実施した「キャッシュレス決済に関する調査結果」をまとめた。それによると、県内は消費者、事業者とも、キャッシュレス決済に消極的な傾向が見られた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加