13日午前5時40分ごろ、佐賀市東与賀町下古賀の道路で、「人のようなものが焼け焦げて倒れている」と通りかかった男性が110番した。身元は所持品などから同市久保田町の60代男性と判明、司法解剖の結果、死因は焼死。目立った外傷もなく、自殺の可能性が高いとみている。

 佐賀南署などによると、遺体は軽乗用車の横にあおむけで倒れており、足元には油が入ったじょうろも溶けて残っていた。現場は堤防沿いの道路で、地元の漁業者や農家などしか通らないという。

このエントリーをはてなブックマークに追加