「消費税10%増税反対」などとシュプレヒコールを上げて行進した商工業者ら=佐賀市高木瀬町

 消費税の増税反対などを訴える「3・13重税反対全国統一行動」の地区集会が13日、佐賀、唐津、鳥栖市など佐賀県内5カ所であった。商工業者や年金生活者らが集まり「複数税率反対」などと訴えた。

 佐賀地区大会では古川勝也佐賀地区実行委員長があいさつし、10月に政府が予定している消費税率10%への引き上げに対し「景気回復の実感が得られない声が多く上がる中での増税に疑問を感じる」と述べた。

 商工業者や婦人会関係者らは「軽減税率は複雑で、企業にも消費者にも混乱を与える」などと指摘した。

 集会は全国労働組合総連合などが主催し、増税中止や軽減税率の実施反対を求めたアピール文を採択した。集会後は約90人が佐賀税務署まで行進し、「生活費に税金をかけるな」などとシュプレヒコールを上げた。

このエントリーをはてなブックマークに追加