人材育成と産学官連携をテーマにしたシンポジウムが4日、佐賀市で開かれ、東亜工機(鹿島市)の光武渉社長が若手技術者の育成を担う専門人員の配置や技術伝導専門施設の新設など、同社の取り組みを紹介した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加