佐賀県は10日、唐津湾沖の海砂の採取量を削減する方針を明らかにした。「環境への負荷を低減する」として、関係団体や学識者らへの意見聴取、パブリックコメント(意見公募)を経て年内をめどに見直す。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加